妊娠すると体臭がきつくなるといわれていますが、本当なのでしょうか? 個人差はありますが、妊娠すると体臭がきつくなってしまうこともあるでしょう。 妊娠によって体臭がきつくなってしまう理由は、以下の2つです。 ・便秘になりやすい ・新陳代謝がアップする 妊娠すると便秘になりやすくなり、排便が上手くできないケースがあります。 これは、ホルモンバランスとつわりのせいです。 ホルモンバランスが乱れることで腸内の機能が低下し、便秘になりやすくなります。 また、つわりによって食事量が減少してしまうのも、便秘の原因に繋がるでしょう。 それに、妊娠すると新陳代謝がアップするので、汗をかきやすくなります。 汗の量が増えると細菌と混じりあって、体臭が普段よりも強くなるのです。 妊娠すると体臭がきつくなる理由としては、このようなことが考えられます。 ただし、本人は体臭がきつくなったと思っていても、周囲はその変化に気づかないこともよくあるでしょう。 妊娠中というのは臭いに敏感になるので、自分の体臭も強く感じてしまいがちです。 本人が気にするほど周囲は気にしていないことが多いですし、いずれにしても一時的なものですから、あまり悩まないようにしてください。